30年続くカリタメソッドのクレビオール化粧品
ー クレンジング化粧品 レクレールとローションクレール ー

お肌を健康で美しさを保つには、肌を老化させないことです。

老化を遅らせるためには、肌に刺激を与えないことです。

肌にとっての刺激は、摩擦と紫外線です。

古くから伝わるフランスパリの美肌メソッドでは、クレンジングを水で洗い流すのではなく、コットンでふき取る方法です。

カリタメソッドによるクレビオール化粧品も同様にレクレールとローションクレールを使ってコットンでクレンジングを行います。

 

クレビオール化粧品のフォンダションナチュールを使用している肌をクレンジングします。

*ポイントメイクのクレンジングについては、割愛いたします。

 

クレンジングは一番丁寧に、気を配っていただきたいスキンケアになります。コットンでふき取る際は、摩擦に注意しましょう。

 

 

 

 

レクレールとローションクレールを使うにあたり、エステ専用100%純綿コットン(6㎝×8㎝サイズ)を用意します。コットンの線維で汚れを絡み取ります。化学繊維のコットンはお肌を痛めるのでお勧めできないです。
業務用は厚みがあるため、肌への摩擦を抑えることができます。

 

 

 

1回のクレンジングに12枚のコットンをお皿に画像のように並べます。

そしてお水またはぬるま湯に浸します。

 

 

 

 

 

レクレールを2プッシュ強を掌に乗せます。

ファンデーションがついている肌の上に5か所に分けてレクレールを塗布します。

500円玉サイズの螺旋でくるくると、軽く汚れを浮き立たせる感じで馴染ませます。

*皮膚が動かないように螺旋させるのがポイントです!

 

汚れは、クレンジング剤により乳化されて浮き立ちます。

 

2枚のコットンを両手に画像のように乗せます。

 

 

 

 

1回、2回目とコットンで汚れを絡めとります。

*ふき取るというより、撫でるくらいの力加減で行いましょう。

 

 

 

 

 

 

完全に汚れを落とすには、必ずコットンで4回、ふき取ってください。

 

 

 

 

 

 

 

残り4枚のコットンは適度に水気を取り、ローションクレールを塗布します。

ローションクレールは、「ふき取り用化粧水」です。汚れを取りながら水分を補う役目を行うので、肌の突っ張りなど、乾いた印象はありません。健康な肌であれば、この時点で肌の状態が良く感じます。

首回りもあわせてふき取りください。

 

以上でクレンジングは完了です。

汚れを丁寧にふき取ることで、その後の化粧水の吸収がスムーズになります。お肌の保水が整えばスキンケアは完了と言ってよいでしょう。

その時の肌のコンディションにより、美容液やクリームなどをお使いいただきます。

 

クレビオール化粧品のクレンジングには、ミルクタイプの「レクレール」とジェルタイプの「ジェルクレール」の2種類がございます。
使い分けは、使用感・お好みでお選びいただいております。

 

*クレビオール化粧品以外の油性ファンデーションは、クレンジング方法が異なります。

 

エステサロンではご自宅でのお手入れでは取れない汚れを取り除き、お肌のターンオーバーを正常に導いていきます。

 

 

ポロンコレクションドゥボーテではお客様のお肌の状態を見ながら、

その時に適切なスキンケア方法を経験豊富なエステティシャンがアドバイスいたします。

お肌の事で気になるところ、ご相談がございましたらお問い合わせくださいませ。

**********************************

化粧品はポロンコレクションドゥボーテオンラインショップをご利用ください。

ご自宅ではできないスキンケアにはポロンコレクションドゥボーテエステサロンをご利用ください。

 

Categories:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


最近のコメント
    最近のコメント
      アーカイブ
      %d人のブロガーが「いいね」をつけました。